しかし、場合によっては学校だけに頼っていると、いくつかの困ったことが生じる場合があります。一つは、学校は3学期末に職員移動があり担当が代わることです。また、学校に関する問題のように見えますが、場合によってはたいへん専門的な視点が必要な場合があります。また、心理カウンセリングは利害関係があると成立しません。学校と保護者、また学校とお子さんのには微妙な関係があります。そして、学校の担当者には話題にできないことがあります。親も同様です。

多くの場合で、母親に先行してカウンセリングを受けてもらっています。お子さんが小さい場合はそんなに長くない時期に改善することが少なくありません。
お子さんのカウンセリングは、親子関係が悪い場合はうまくいきませんので、まずそれを改善してから、状況を見てお子さんとお会いするようにしています。
お子さんの年齢にもよりますが、カウンセリングは数カ月から半年を一つの目安としてください。

ver.20240515